• 【委託】早坂大輔/いつも本ばかり読んでいるわけではないけれど。
  • 【委託】早坂大輔/いつも本ばかり読んでいるわけではないけれど。
  • 【委託】早坂大輔/いつも本ばかり読んでいるわけではないけれど。
  • 【委託】早坂大輔/いつも本ばかり読んでいるわけではないけれど。
1 / 4

【委託】早坂大輔/いつも本ばかり読んでいるわけではないけれど。

¥1,870

※こちらの価格には消費税が含まれています。

※1回のご注文毎に送料¥350が掛かります。

早坂大輔/いつも本ばかり読んでいるわけではないけれど。(BOOKNERD)

本から映画。映画から音楽へ。 BOOKNERD店主・早坂大輔がぼんやりと綴るブック・エッセイ
早坂さんが読んでいる本、そこで流れる音楽を、その文章から聴きたくなるのはなぜだろう。

▼BOOKNERDより
大ヒット作くどうれいんの『わたしを空腹にしないほうがいい』に続く出版物を作るということはつまりそういうことだ。
だから、いや、そうであるからこそ次が出せなかった。それは例えるならば最高のファーストアルバムを作ってしまったバンドの苦悩に似ているし、ルーキーが満塁ホームランを打ち上げた後にバッターボックスに入るベテラン打手の心境に近い。つまり、そういうわけで、次の出版物をリリースするのにおっかなびっくり三年もかかってしまった。
その間、のらりくらりと肩肘の張らない自分の好きなzineばかり作り、答えを出すことから逃げていた。そのうち、第二第三のくどうれいんから手紙と原稿が送られてくるようになった。だが、ぼくには彼らや彼女たちがくどうれいんのヒットという十字架を背負うこと、その彼や彼女の行く末を見届ける自信は正直なかった。
ある日、ぼんやりとしたイメージが浮かび上がった。そうだ、ぼくが自分の本を出せばいい。自分がプレッシャーを背負ってしまえば失敗しても誰かの出版物がコケるより楽ではないか。それで、その考えを早速実行に移すことに決めたらあとは早かった。ゲラが上がり、表紙が出来上がり、印刷製本のスケジュールが決まった。もう戻れない。もう引き返せない。本当にいいのか、お前。毎朝鏡に向かって語りかける。ああ、戻りたい。引き返したい。心のなかのもうひとりの弱気なぼくが呟く。

というわけで、当店の四周年記念プロダクト第二弾でもあり、BOOKNERDの出版部門として満を持して世に問う二冊目の本は、他ならぬぼくの本でした。ミーイズムの、自惚れの、独善の極致であります。

実に三年ぶりにようやくBOOKNERDの出版部門としてニ冊目の本をリリースします。とはいえ、手前味噌でお恥ずかしいのですが自分が書いた本です。
早坂大輔『いつも本ばかり読んでいるわけではないけれど。』を10月15日(金)に発売いたします。
2019年11月から2020年2月までのあいだBOOKNERDのオンライストアのお得意様向けに配信していた本にまつわるメールマガジンの文章9編と、新たに5編を書き下ろしたものを収録。デザインはいつも通り篠田綾香さんに。装画・挿絵は画家の坂巻弓華さん。ペーパーバックの小ぶりなサイズで68ページという短さですが、ギュッと濃い内容が詰まっています。
(2021年・BOOKNERD)

ショップの評価

通報する