• 【ZF】otogi/君になりたい
  • 【ZF】otogi/君になりたい
1 / 2

【ZF】otogi/君になりたい

¥ 540

※こちらの価格には消費税が含まれています。

※1回のご注文毎に送料200円が掛かります。

山形のオルタナティヴシーンを牽引してきたオールスターバンド
ZOMBIE FOREVERの憧れが詰まっています

■CREDIT
RELEASE : 2013.10.05(時刻表記念日)
ARTIST : otogi
TITLE : 君になりたい
FORMAT : cassette
COLLECTORS EDITION : DL+ZINE+BADGE
CATALOG : zombie-15
REC : Studio141
MIX & MASTERING : JUN
BADGE DESIGN : セナリタヤストシ
ART WORKS : 森幸司(ZF)
PACKAGING : 鈴木聖和(ZF)
PRODUCE : 森幸司(ZF)
PRESS : AD-RW900(TEAC)
PRICE : ¥500(tax out)
IMFOMATION : http://qqqqqurage.exblog.jp/21029385/

■TRACK LIST
A-SIDE : OshaBeri
作詞:JUN 作曲:JUN 編曲:otogi
B-SIDE : surf
作詞:JUN 作曲:otogi 編曲:otogi

■ABOUT
otogi(オトギ)
微毒フレーバー4人が紡ぎだす
せつなくもファンシィなアナログPOP
山形県内外でライブを行う

■MEMBER
Vo & Gt. JUN (ex.エナメルズ)
Gt.セナリタヤストシ (ex.NYLONY)
Ba.kio-ko
dr.海藤ノリユキ

■ZOMBIE FOREVERより
ゾンフォーが最も影響を受けたバンドをひとつ答えるならば、間違いなくエナメルズと即答する。JUNさん(現otogi/Vo,Gt)のファンシーボイスと可愛らしい服装から弾き荒らされる歪み尖ったリッケンバッカーは当時僕らの憧れだった。20歳になったばかりの僕はそんなギャップに打ちのめされ、それと同時にロックというものに魅力され、オルタナティブという言葉を知る。「山形にブリリアントグリーンがいる」と地元の友達に知らせてまわる痛い一面はさておき、いつか対バンしたいと思うだけで創作意欲が無限に湧いて出てきたものだ。そんなエナメルズを知るきっかけを作ってくれたのが山形の将軍こと門脇さん率いるwhat ever filmと山形の奇才こと加藤さん率いるusahill(現about me)だった。全くと言っていいほど似通わない音楽性だったせいか、門脇さんが主宰するレーベルVHR企画は初体験の連続。出るバンド出るバンドが知らない音楽でカッコいいのかもわからず立ち尽くすだけの日々。だけどそこにはいつも感情を揺さぶる危険な音が充満していた。その中でポッと出てきたエナメルズは知識がなかった自分にもなぜかジャストフィットする不思議な音楽だった。先輩にVaselinesやSonic YouthのCDを借り、それからはオルタナティブにどっぷりハマり似通ったバンドをレコ屋で探す日々を過ごした。当時から東京や海外のバンドを山形に呼んだり企画をしたりしている先輩が近くにいたという事実だけでも、この上なく幸せなことだなとつくづく思う。それに加え生活や仕事を守りながらバンドをやっているというリアルに直面できたことも当時の自分にとって大きかった。

そしてotogiが山形のオルタナティブオールスターであるもうひとつの理由はギターのセナリタ氏にある。エナメルズとほぼ同時期にセナ氏がやっていたNYLONY(ナイロニー)はとんでもなく破天荒なバンドだった。インディーロックを基調としながらも曲単位でガレージっぽくなったりロックンロールになったりスペーシーになったりトルコっぽくなったり…とにかく雑種な魅力があった。そんな謎多き中でも難解と思わせない良質なメロディーメイクがNYLONYにおけるセナ氏の最大の魅力だったように思う。buffalodaughterやcorneliusのリミックス感覚に加え岡村靖幸のような危うさも兼ね備えているセナ氏。あれはフランクロイドライトだったか、LIVE終盤、弾いていたギターを天井の網にぶん投げ消防車が登場しイベントが中断してしまうハプニングもあった。そんな諸々も含めた絶対的な存在感はotogiの中途採用を経て再稼働することとなる。エナメルズのJUNさんとNYLONYのセナ氏がタッグを組むなんてことを誰が想像できただろう。僕の中の2大スターは今otogiという同じバンド内で共鳴している。ヤバ過ぎる。

otogiのリズム隊…海藤夫妻を語るには…まだまだ歳が足りないのだが。女性ベーシストであるkio-koさんは山形バンド界隈ではカルト的な人気を誇る。パワフルでグルーヴィー、そこに遊び心を添えたテクニックは小さな体からは想像できないほどステージ上で躍動する。こんなにも肝の据わった女性ベーシストは全国どこ探しても見当たらないのでは、と思うほどかっこいい。そしてその裏をしっかり支えているのはライフパートナーでもあるドラムのノリさん。派手さはないものの職人のような匠の技が光る正確なドラミングが粋。たまに魅せるドラムロールは一見の価値あり。かかあ天下(なのでしょうか…?)に怯えているようなアーティスト写真もこれまたgood。裏では太宰の異名を持つ相当面白い方なのでLIVE会場で話しかけてみるべし。言わずもがな海藤夫妻に憧れるバンドマンは数多し。

エナメルズ×NYLONY×海藤夫妻に憧れて10年、やまがた奇跡の集合体『otogi』をリリースさせてもらえる機会に恵まれました。ZOMBIE FOREVERをやってきて本当に良かったと馬鹿みたいに感動してます。憧れと同時にプレッシャーも凄まじいのですが、できる限りのことをテープに詰めていきたいと思います。ゾンフォーのルーツであり現在進行形で鳴らされ続けているヤマガタのオルタナティブミュージック。どうか一度聴いてみてください。めちゃくちゃかっこいいです。いやはや、過剰なレコメンにならないよう気をつけている次第ではありますが。

<>外部サイトに貼る
外部サイトへの埋め込み方

下記コードをコピーして、あなたのwebサイトのHTMLに貼り付けてください。

ショップの評価

  • 【ZF】Hi,how are you?/MINISTOPDIARY

    【ZF】Hi,how are you?/MINISTOPDIARY

通報する